生活のいろいろな場面で活躍してくれるタオル。
誰でも日常的に使うものですが、100均で売られているお手頃なものから、最高級ホテルで使われているようなブランドタオルまでたくさんあります。
そんなタオルの高い安いの値段の違いは、一体どこから来ているのでしょうか?

【いちばんの違いはやっぱり品質】

タオルは綿から作られることがほとんどですが、綿には希少性によってランクがあります。希少性の高い綿を使っていれば、かかるコストも高くなるのです。
高いタオルのほとんどは安価なタオルと比べて品質がよく、吸水性や持続性などの機能にも優れています。タオルを選ぶとなったとき、価格は品質を知る上でひとつの基準にできるのです。
しかし、いちばん高いタオルがいちばん吸水性に優れているかといったらそうではないので、それぞれのタオルの特徴をよく調べることも大切です。

【ブランドやこだわりによる付加価値】

数万円の価格が付いた高級ブランドタオルの場合は、信頼により確立されたブランドという付加価値がついているのでその分高額になってきます。
また企業が熟練の職人さんと協力して生まれたタオルであったり、厳しい審査基準をクリアしたタオルであれば、それだけの付加価値がつきます。こだわって高品質な綿を使ったり、熟年の技術によって織り込まれたタオルは仕上がりも品質も良いものが多いです。
そのこだわりや付加価値の分、お値段も高くなってきます。

【特に差が出るのは洗濯のあと】

高いタオルと安いタオル、数万円の差があるのならともかく、1000円くらいの差であれば見た感じや触っただけではそこまで違いが分からないかもしれません。
しかし、タオルを洗濯してみるとその差は明らかになります。

安いタオルは洗濯のたびに硬く、ごわごわとした質感になるものがほとんどです。
しかし、高いタオルは洗濯しても肌ざわりが変わらず、それどころか肌ざわりが良くなっていくものもあります。
タオルは毎日洗濯する人も多いので、そのたびにこれだけ差が出てくるのであれば、同じタオルを快適に使い続けられる期間もだいぶ変わってきます。

品質にこだわるかこだわらないかでタオルの寿命は大きく変わるのです。

【毎日快適にタオルを使うために】

高いタオルと安いタオル、すこしお金をかけるかかけないかで毎日の気持ち良さは違ってきます。
今まで消耗品だからとこだわりを持っていなかったのであれば、次にタオルを新しくするときは数万円とまではいかなくても、いつもより少しこだわりのあるタオルを選んでみてはいかがでしょうか。
実は、タオル職人は吸水性、肌触り、分厚さなどにこだわり、様々な種類のタオルを製造しています。