毎日使うタオル。
選ぶときは肌ざわりや機能性をこだわってる方も多いかと思います。
プラスして毎日使うものだからこそ、自分のタイミングで買い換えられるコスパの良さがあれば最高ですよね。
本当にコスパの良いタオルとはどんなものでしょう?

コスパの良いタオルの条件は?

まず、皆さんが良いなと感じるタオルはどんなものでしょうか?
肌触りがふわふわ、よく水を吸ってくれる、すぐ乾いてくれる……などなどポイントがあると思います。
これらのポイントに、一般的なコスパの良さを決める基準である”安く買えて長く使える”が当てはまれば、それがコスパの良いタオルの条件と言えるのではないでしょうか。
また、タオルは長く使えるだけではなく、洗濯をしたあとも買ったばかりのときの肌触りが長く続いてくれることも大切になってきます。

大事なのは価格と質のバランス

コスパを考える上でまず気になるのが価格です。タオルの価格は100均で買えるものからホテルに置いてあるような高級品まで大きく幅があります。
安いタオルはコスト面では良いですが、表面が固くなりやすいというデメリットがあります。
少し高くてもその分長く快適に使うことが出来ればコスパは満たされることになりますので、コスパを重視するなら価格と質とのバランスが大切になってきます。

肌触りと機能性はゆずれない!

タオルは肌触りがなめらかでふわふわであれば、それだけなんともいえない満足感がありますよね。
また、タオルを選ぶ上で欠かせないのが吸水性です。特にバスタオルは体を拭いた瞬間すぐに水分を吸い取ってくれたら、毎日の湯上りの気持ちよさが格段に違います!
タオルを使ったときの快適さが毎日続くこともコスパを上げる大きなポイントになります。

コスパを求めるなら、快適に長く使えるタオルを

タオルにコスパを求めるならいつもより少しお金をかけて、質の良いものを使ってみましょう。いいタオルは洗濯をしてもボロボロになりにくく肌触りが保たれ、結果的に長く快適に使うことが出来るのでおすすめです。