タオルの選び方

結婚祝いにプレゼントするタオルの選び方

結婚祝いのプレゼントって何を選ぶか迷いますよね。
プレゼントするからには使ってもらいたいし、相手も喜ぶものを選びたいと考える人も多いかと思います。
そんなときにオススメしたいのがタオルのプレゼントです!
今回は結婚祝いに渡せるタオルギフトの選び方をご紹介します。

結婚祝いにタオルがオススメな理由

そもそも結婚祝いでタオルをプレゼントするのはどうなのか?
という話ですが、結論からいうとOKです。
新生活でもタオルは必要になりますし、それから先も毎日使うものですが、高級タオルなどはプレゼントでなければなかなか手に入れるタイミングはないものです。高級タオルは実用的なのはもちろん、品質がよく長く使えるものが多いです。肌ざわりにこだわったものもたくさんあるので、もらったら嬉しいプレゼントになります。
また、「運命の赤い糸」という言葉があるように日本人は人との結びつきを糸に例えることが多くあります。そのため、糸を使った物は結婚祝いに贈ると縁起が良いとされるのも、タオルをオススメする理由のひとつです。

タオル選びで気をつけること

しかし、タオルならなんでもいいと言うわけではもちろんありません。
結婚祝いに限らず、プレゼント用タオルを選ぶ上で気を付けたいのは「相手のことを考えてのプレセントになっているか」です。タオルは何枚あっても困らないアイテムではありますが、結婚祝いにあからさまに安いタオルセットを渡されたりするとどうしても「おや?」と思ってしまうものです。
相手やシーンにあった予算を設定して選んでいきましょう。
また、タオルに限らず「真っ白な布製品」は亡くなった人の顔に白い布をかけることからお祝いの品としては不向きだという話もあります。こういった説は若い方だと気にしないという人も多いですが、不安な場合は避けておきましょう。

高級な地域ブランドタオルはプレゼントにぴったり

結婚祝いでタオルを選ぶなら、「使った時に驚かれるような品質のタオルがオススメです。
特に泉州タオルや今治タオルなどは誰もが知ってる国産ブランドで、吸水性や持続性などの品質もバッチリです。
普段使いにもぴったりなワンランク上のタオルが揃っていますので、相手の好みにあったものを探してみましょう。

結婚祝いに喜ばれるタオルを!

プレゼントとして定番のタオルですが、ぴったりなものを選ぶとやはり喜ばれるものです。
結婚祝いという特別なシーンではぜひ、ワンランク上の喜ばれるものをプレゼントしてみてください!

お客様の声

最初「すごい!こんなに水吸いとるんや」ってびっくりしました。

大阪市在住のYさんへのインタビュー
30代
家族構成:旦那様、お子さん2人(4歳、生後5か月)、計4人
洗濯機:縦型
柔軟剤:使用しない

赤ちゃんが喜ぶタオル

最初「すごい!こんなに水吸いとるんや」ってびっくりしました。
一回で水分なくなった、と思ってびっくりしました。
体を吹く時間も短くできるし、触り心地もよかったんで、赤ちゃんって話さないからわからないけどあれでくるむとすごく喜んでいる感じがしています。いいなあって思って。だから毎日使ってます。髪の毛も早く乾くようになった気がします。

使い込んでもちゃんと吸い取る

使い込んでもしっかり吸い取ってくれます。
厚手の「SUTEKI」がより多くの水分を吸い取ってくれているような感じはしますけど。バスタオルとしては「おぅえーやん」のほうが使いやすいです。肌ざわりがすごいいいのに吸い取るのがすごいなと思いました。

よく吸うけど重くない、洗濯してもすぐ乾く

あと、重くないからいいなと。
厚手でしっかりしているとけっこう重量があって使いにくいのに、「おぅえーやん」は、軽いけど安定感があるし、よく吸い取るので使いやすい。使い込んでも全然ごわごわしていないし、うち、もともと柔軟剤は使わないんですけど、他のタオルは硬くなるのに硬くなったりもしていない。使い始めとあまり変わらないかなと。

お風呂上りに使うのは毎日。毎日使っています

1枚で子ども2人拭いても全然びしょびしょにならない。
今までは今までは1枚づつ使っていました。使う枚数が減ったから洗濯が増えなくていいですよねー、楽です!
いちいち変えなくていいし。3人はいける感じがします。
お風呂上りすごいバタバタするので、パッと拭けるのはありがたい。

大きくて重いタオルと比較されると

友達に結婚祝いでもらったタオルをまだ使っているんですが、某百貨店のけっこういいブランドタオルだと思うんですけど、大きくていいんですけど、重いんですよね。
だからそれよりはこちらのほうが断然いいなと私は思っています。

ギフトには使えそう?

ギフトにいいですよねー。すごい。こんなのあるんだよって誰かにあげたいなと思いました。軽いのがいいですよね、やっぱり。ハンドタオルとか持ち歩けるのもいいかも。持ち歩くなら濃い色がいいですね、自分としても。 ギフトっていいと思います。質がいいってのをちゃんと伝えたら使ってもらえる人が増えそう!!

タオルの選び方

デリケートなお肌に!赤ちゃん用バスタオルの選び方

とにかくデリケートな赤ちゃんのお肌。
直接触れるタオルはとくに気を遣って、できるだけ優しいものを選んであげたいですよね。
そんなお母さまのために、今回は赤ちゃんにぴったりのタオルの選び方をご紹介していきます。

【赤ちゃん用バスタオルの使い用途は?】

赤ちゃん用バスタオルはお風呂上りにはもちろん、いろいろな場面で大活躍してくれます。

■湯上げのときに

お風呂のあと身体を拭くのに使います。
マットとして敷くには厚手のものを、身体を拭くには薄いものを使い分けるのがおすすめです。

■赤ちゃんを包むおくるみに

バスタオルはおくるみとして使えます。抱っこのときに赤ちゃんを包んであげたり、肌寒いときの体温調節にもぴったりです。

■ベッドの敷き布団カバーに

赤ちゃんはすごく汗っかきで、寝ている間もたくさん汗をかきます。
寝ている背中に汗をかいてもすぐに取り換えられるよう、お布団の上に1枚バスタオルを敷いておくと清潔です。

■外出した際のしきものに

外でのおむつ交換のとき、下に敷けば安心しておむつを取り替えることができます。

【どんなバスタオルが良いの?】

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、刺激の少ないバスタオルを選びたいところ。大人と同じタオルを使ってしまうと肌を傷つけてしまう恐れがあるので、赤ちゃん専用に別でバスタオルを用意してあげましょう。

■早く水分を吸い取ってくれる高い吸水性

オーガニックコットンが良いと言う声もよく聞かれます。
しかしオーガニックコットンだから吸水性に優れていると断定はしにくく、本当に吸水性の高いタオルを見つけるのが一番大切です。
通常の糸に比べ、柔らかさ、吸水力が高い2柔構造の糸を使用し、拭くのではなく、肌に触れただけで吸い取ってしまうタオルがオススメ。
肌に触れただけで吸い取るタオルはこちら→

■おすすめのタオル生地は?

・ガーゼ生地
目が粗いので赤ちゃんの肌を傷つけず、通気性にもとても優れています。空気を含んで温かみを感じられるので、赤ちゃんをふんわりと包んでくれます。

・パイル生地
吸水性に優れているので、お風呂上りの湯冷めを防いだり寝汗から赤ちゃんを守ったりしてくれます。ガーゼ生地と同じくふんわりしていて肌ざわりが良いので、赤ちゃんのお肌を傷つけません。

【ぴったりな大きさや形は?】

赤ちゃんタオルには用途がたくさんあるので、シーンに合わせて使いやすい大きさや形を選ぶと快適です。

■大きさ

赤ちゃんを包み込めるサイズのものを選びましょう。赤ちゃんはすぐに成長するので、大きめのものを選んでおくと困りません。
フェイスタオルぐらいの大きさのものは、お風呂上りや夏場汗をかいたときに細かいところを拭きとるのに向いています。

■形

・正方形
お風呂上りに使いやすく、赤ちゃんを包み込むことができるので持っておくと便利です。

・長方形
正方形のものに比べ、敷きものとして使うのに向いています。赤ちゃんが大きくなってからも対応できるので、汎用性が高い形です。

・フード付き・・・「フード付きタオルくむり」
頭からすっぽり包めるので、お風呂上りの湯冷めを防ぎます。使うと着ぐるみのようになるので、デザインも可愛らしいものが多くあります。

【赤ちゃんもお母さんも安心のバスタオル選びを!】

ぴったりのバスタオルを用意して、赤ちゃんと一緒に快適な毎日を過ごしてください!
敏感な肌の赤ちゃんやお子さんの肌には拭くより、触れて吸っちゃうタオルを!