タオルを長持ちさせたい

切るべき?タオルの糸がほつれた時の対処法

皆さんは使っているタオルの糸が一本だけ飛び出してきてしまった経験はありませんか?

タオルを使っているとよく起こるのが、この「パイル抜け」と呼ばれるトラブルです。
糸が飛び出てきているのを見つけても、「糸を切ってしまうとますます悪化するのでは?」とそのままにしている方もいるのではないでしょうか。
今回はそんなパイル抜けトラブルの正しい対処法をお伝えします!

そもそもパイル抜けはなぜ起こる?

タオルの中で最もポピュラーなのが、繊維を丸くループ状に織った「パイル地」と呼ばれる織り方です。このループの部分が肌に触れるとふわっとし、心地よい肌ざわりを感じる事ができます。
しかし、このループになっている部分が何かに引っかかったりすると、糸がほつれたり破れたりしてしまいます。これが「パイル抜け」です。
パイル抜けはタオルの構造上完全に防ぐことは出来ませんが、タオルを使うときや洗濯するときに少し気を付けることでトラブルを減らす事が出来ます。
例えばタオルを洗濯する際ぎゅうぎゅうに詰めすぎず、たっぷりの水で余裕を持たせて洗えば他の洗濯物と引っかかるのを避ける事ができます。また、ファスナーなど引っかかりやすいものがついた服とは分けて洗うか、洗濯ネットを使うかすると安心です。
<

伸びてしまった糸は切るのが正解!

ではもし、パイル抜けを見つけたらどう対処すれば良いのでしょうか。
パイル抜けにより糸が伸びているのを見つけたら放置したり引っ張ったりせず、
根元からハサミで切ってしまいましょう。
タオルは構造上、糸を根元から切ってもそこからさらにほつれることはありません。
ますます広がったりはしないので、迷わす切ってしまってもOKです!
逆にもしパイル抜けを放置してしまうと、洗濯などで引っかかってさらに生地が傷んでしまう原因になります。

柔軟剤の落とし穴

パイル抜けに関してひとつ気をつけなければいけないのが「柔軟剤」です。
本来柔軟剤は洗濯物をふんわり柔らかく仕上げるのに使われますが、タオルに使ってしまうと水を吸いにくくなったりパイル抜けしやすくなる原因になります。
タオルを洗う際には、柔軟剤を使いたい洗濯物とタオルを分けて洗うか、量を減らすのがおすすめです。

メンテナンスしてタオルも長持ち!

タオルは毎日使うものですので、気を付けていても何かのきっかけで糸がほつれてしまうこともあると思います。
タオルのほつれは根元から切って悪化を防ぎ、大事に長く使っていきましょう!

タオルを長持ちさせたい

タオルを長持ちさせるには?

たくさん種類がある中から選んだタオル!
お気に入りは出来るだけ長持ちさせたいですよね。
そこで今回は、タオルを長持ちさせられるお洗濯の方法をご紹介します。

一番いいのは、たっぷりの水で洗うこと

タオルにとっていい洗濯は、洗濯機にたくさん詰め込みすぎず、たっぷりの水を使ってすすぎもたくさん回数を行うこと。
少ない水でぎゅうぎゅうの状態だと、タオルが他の洗濯物とこすれてしまい、傷んだり毛羽落ちしてしまう原因になります。
洗うときはゆったりと余裕を持たせましょう。

タオルを洗うときに、柔軟剤は控えて

一般的なお洗濯でふわふわな肌ざわりのために使われるのが、柔軟剤です。
しかしタオルに柔軟剤を毎日使い続けるのは、実はよくありません。
柔軟剤はタオルの表面を整え柔らかくしますが、繊維自体をやわらかくするものではないので、使いすぎると水を吸いにくくなったり、繊維が滑って抜けやすくなる毛羽落ちの原因になります。
タオルは柔軟剤を使用しなくても十分なやわらかさが保てます。毎日使うのではなく、使い込んでタオルが硬くなったかな?感じたら使うと効果があります。
また、蛍光剤や塩素系漂白剤も避けるようにしましょう。

タオルが濡れたままの状態は避ける

タオルつけ置きしたり、濡れたままで放置してしまうと雑菌が繁殖し、ニオイやカビの原因になります。
お気に入りのタオルが生乾き臭によって台無しになったら悲しいです。濡れている状態はなるべく避け、お洗濯が終わったらすぐに干すようにしましょう。

タオルを干すときは、ほぐしてから

脱水が終わったら干す前にタオルを広げるか2つに折って20回ほどパンパンと振り、形を整えてあげてください。こうするとパイルに空気がたっぷり当たって繊維が立ち、乾いたときふっくらとした肌ざわりのタオルになります。

風通しの良いところで、タオルを干す

できるだけ直射日光を避け、風通しの良いところで陰干しするとタオルが空気を取り込みふわふわと柔らかくなります。
太陽の光には殺菌作用がありますが、その反面タオルの色をあせさせたり、生地を弱めてしまいゴワゴワする原因になることがあります。

お気に入りのタオルと快適な生活を!

買ったときの心地よさは、小さなポイントを抑えることで長持ちさせることが出来ます。ふんわりと心地のよいタオルを、長く快適に使ってあげてください!