タオルの選び方

お風呂上がりのタオルはバスタオル?フェイスタオル?

皆さんは、お風呂から上がったあとのタオルはどちらのサイズで身体を拭いていますか?

子どもの頃からお風呂上がりはバスタオルを使うのが当たり前だった!
という方もいるかもしれませんが、近年はお風呂上りにバスタオルを使用しないフェイスタオル派の方が増えてきているようです。
ブームになっている断捨離(不要なものを減らして自分に本当に必要なものを見極めること)の中でも、
「実はバスタオルはそこまで必要なかった」
「お風呂上りはフェイスタオルで十分だった」という意見が多く見られます。
では実際にバスタオルとフェイスタオル、お風呂上りにはどちらを使うのが良いのでしょうか?今回はバスタオル派の意見とフェイスタオル派の意見をもとに、それぞれのタオルのメリットをご紹介していきます。

贈り物を何にするかというのは、多くの人にとって悩ましい問題なのではないでしょうか。相手の好みがあったり、縁起が悪いとされるものがあったりと、いろいろなことを考えてしまいますよね。

バスタオル派の意見

水分を早く吸い取れる

バスタオルは大きな面積で身体を包むように拭けるので、全身の水分を早く一気に吸い取れます。身体だけでなく、特に髪の長い女性の中には「頭を拭くのにフェイスタオルでは間に合わない!」という方もいるようで、髪をタオルドライしたりするのにもしっかりとした大きさがあるバスタオルの方が便利なようです。

お風呂上がりに暖かい

バスタオルはお風呂上がりに身体を拭いたあと、そのまま肩に羽織って寒さを軽減するという使い方ができます。タオルをブランケットのように羽織るのは面積が小さいフェイスタオルではできない使い方です。特に冬の肌寒い時期や、お風呂上がりに化粧水をつけたりお風呂掃除をしたりとそのまま作業する習慣がある方は、そのまま防寒できるバスタオルを重宝しているようです。

とにかく気持ちいい

大きくてふわふわなタオルに顔をうめたり、体をくるんだりするのがとにかく気持ちいい!という意見もありました。お風呂上がりの清潔な身体を肌ざわりのよいふわふわのタオルで包みこむのは何とも言えない気持ち良さがありますよね。全身でタオルの気持ちよさを感じるのは面積の大きいバスタオルだからできることです。

フェイスタオル派の意見

身体を拭くのはフェイスタオルで十分

幼いころからお風呂上りには当然のようにバスタオルを使っていたけれど、フェイスタオルを使ってみたら意外と事足りたということも少なくないようです。実際に身体を拭くならフェイスタイル1枚で十分という方も多く、2枚使用する際は身体を拭く用と頭を拭く用で2枚、またはざっと身体を拭く用と仕上げ用に2枚という使い方をするようです。

洗濯が楽になる

バスタオルは洗濯をする際、思った以上に洗濯機や干す場所のスペースをとります。家族が多いご家庭であれば、お風呂上りに家族全員がそれぞれ使用済みバスタオルを洗濯機に入れて、すぐに容量オーバーになってしまったという経験もあるのではないでしょうか。

お風呂上りにフェイスタオルを使うことで洗濯物のかさが減り、一度にできる洗濯物の量が増えます。これが結果的に洗濯の回数を少なくすることにつながり、洗濯にかける手間が軽減されるようです。また、フェイスタオルであれば洗濯してもバスタオルより比較的すぐ乾く点もメリットになります。

収納スペースがすっきりした

フェイスタオルはバスタオルよりもサイズが小さいため収納がコンパクトに収まります。バスタオルを1枚収納するのと同じスペースにフェイスタオルなら2~3枚ほど収まるのでスペースをとりません。限られた収納スペースを有効活用したり、スッキリさせたいという方にフェイスタオルは人気です。

お風呂上がりにぴったりなのはどっち?

両方の意見をまとめてみると、タオル独特の風合いや心地よさを感じながらお風呂上がりを楽しみたいのならバスタオル、とにかく利便性を求めて無駄をなくしたいのであればフェイスタオルがおすすめです。

バスタオルとフェイスタオル、どちらにもそれぞれ良さがあるようです。自分のライフスタイルや好みに合わせて選んでみましょう。

どちらにしても押さえておきたいのは”吸水性”

バスタオルにしてもフェイスタオルにしても、お風呂上がりに使うのであれば共通して押さえておきたいポイントが吸水性です。よく水を吸い取るタオルは、バスタオルであればより早く水分が乾いてさっぱり気持ちよく、フェイスタオルであれば1枚のタオルでどれだけ身体を拭ききることができるかが違ってきます。

どちらのタオルを選ぶにしても、タオル自体にそれなりの機能性がともなっていなければ双方メリットを発揮しきることができません。タオル選びの際は大きさだけでなく、吸水性速乾性などの機能もこだわってみるのをおすすめします。

お風呂上がりのタオルは好みに合わせて

世の中からお風呂上りはバスタオル一択という固定概念のようなものがなくなり、フェイスタオル派が増えてきています。
バスタオルにはバスタオルの良さ、フェイスタオルにはフェイスタオルの良さがありますので、このタイミングでライフスタイルや価値観と照らし合わせ、ご自宅にあるタオルを一度見直してみるのもいいかもしれません。

タオルの選び方, 商品紹介

お歳暮におすすめ!喜ばれるタオルの選び方

日本には昔から、今年お世話になった人に感謝の気持ちをこめて贈り物をするお歳暮があります。少し前までは会社の上司や取引先、親戚に送るのが一般的でしたが、最近は家族や友人など近しい人たちにお歳暮を贈るケースも増えています。

お歳暮を贈る時期は毎年12月の上旬~12月25日頃までとされていますので、年末に近づくにつれてお歳暮用の品物が多く出回るようになってきます。正直、お歳暮に何を贈ろうか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが「タオルギフト」です。
今回はお歳暮にタオルをおすすめする理由、相場、選び方などをお話していきます。

お歳暮タオルがおすすめな理由

贈り物を何にするかというのは、多くの人にとって悩ましい問題なのではないでしょうか。相手の好みがあったり、縁起が悪いとされるものがあったりと、いろいろなことを考えてしまいますよね。

お歳暮選びに迷ってしまったら、まず
相手がもらって困らないものを選ぶといいとされています。タオルどのご家庭でも生活の必需品である上に、食べ物ではないので日持ちを気にする必要もありません。何枚あっても嬉しいものなので贈られた相手が困ることが少ない、お歳暮にぴったりな品だと言えるでしょう。

お歳暮タオルはどう選ぶ?

喜ばれるタオルギフトとは

タオルはお歳暮にぴったりですが、タオルなら何でもいいというわけではありません。タオルとひと口に言ってもバスタオルフェイスタオルスポーツタオルなど種類はさまざまあります。

タオルの種類を選ぶ際は、頻繁にスポーツをする人ならスポーツタオル、赤ちゃんがいるご家庭であればおくるみに使える柔らかいバスタオルなど、その人や家庭のライフスタイルに寄り添ったものを探してみましょう。柄や色などのデザイン面は相手の好みをさりげなく聞き出して、その人に合ったものを選ぶことが出来ればベストです。

お歳暮タオルの相場は?

お歳暮で贈る品の相場は、一般的に3000~5000円ほどが目安とされています。友人知人よりも、上司や親戚に贈る品の方が若干高めになる印象です。タオルを選ぶ際もこの金額を参考にしてみると良いでしょう。

お歳暮の金額を考えるときは相手に気を遣わせない金額が良いとされており、高価すぎるものを贈るとお互いの負担になってしまうので注意しましょう。

逆にもし相場以下の金額の品だったとしても、相手が喜んでくれるものであれば失礼だとは思われませんので、金額にそこまでこだわる必要はありません。相手のことを思う気持ちを大切にして贈り物を選びましょう。

お歳暮タオルの注意点

お歳暮にタオルを贈る際に気を付けておきたいのが、あまり考えずに当たり障りのないものを選ぶとつまらない贈り物になってしまうところです。タオルは無難で誰がもらっても困らないものですが、無難すぎると贈られる側からしたら特別感がなく、結局どのタオルも同じように見えてしまいます。

贈り物にタオルを選ぶ際は、先ほどもお話したようにどうしたら相手が喜ぶかを考えたり、普段は買わないワンランク上のものを選ぶなどひと工夫が必要です。

お歳暮におすすめなタオル

上質なタオルはお歳暮にもぴったりです。
ここでは肌ざわりも吸水性もひと味違う、贈り物におすすめのタオルをいくつかご紹介します。

【おう!え~やん】

https://shinko-towel.jp/products/list?category_id=8

ニット用に作られた特殊な糸”オフセットヤーン”を使用することで、手にするたびに思わず「おう!え~やん!」と言ってしまう柔らかさを実現。肌に触れるだけで水を吸い取る抜群の吸水性です。お洗濯のあと乾くのも早く、普段使いにも嬉しいタオルです。

やわらかさ部門NO.1
柔らかさ? ?【★★★★★】
吸水力? ? ? 【★★★★★】
乾きやすさ【★★★★★】
ボリューム【★★★☆☆】
当社、一番人気のタオル

■□■過去にお客様からいただいたお声■□■
・お風呂上がりのドライヤー時間が短くなりました。
・いつも届いてすぐに頬ずりしちゃうやわらかさに癒されてます。
・水泳部の娘が部活終わりにタオルで髪が乾いたと喜んでおります。
・今までで一番早く髪の水分をふき取ってくれてます。
・タオルに全く興味ない夫が、積み上がったタオルの間からこのタオルだけ抜きます(笑)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【SUTEKI】
https://shinko-towel.jp/products/list?category_id=12

最高級ホテルでも通用する贅沢感と耐久性、さらに吸水性も抜群。上品な柔らかさでとてもラグジュアリーな風合いです。製造工程のひとつひとつを大切にし、お客様にお届けします。

ボリューム感があるのに、硬くなりにくい、
ずっとやわらかい部門NO.1のタオル
織り密度が高く、リッチなのに柔らかいタオル
使い込むほどに、肌に馴染んでくるような柔らかさ
柔らかさ? ?【★★★★☆】
吸水力? ? ? 【★★★★★】
乾きやすさ【★★★☆☆】
ボリューム【★★★★★】

■□■過去にお客様からいただいたお声■□■
・高級にタオルに比べ柔らかくお気に入りのタオルになりました
・厚みを感じるのに、細かく拭きやすいのがいい
・きめ細かいせいか、光沢感が出て、高級感が出てきた
・贈り物にタオルを贈って、あんなに喜ばれたことないです
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【くむり】

https://shinko-towel.jp/products/list?category_id=9

日常のさまざまなシーンに対応できる豊かなバリエーション。タオルの大きさや用途によって3つのタイプを展開しています。手にするたびパイルのふんわり感が心地よい逸品です。

お歳暮には相手が感動するタオルを!

タオルは日々の生活で必ず使うものですので、とても実用的な贈り物です。相手が喜んで使ってくれたら、贈る側としてもとても嬉しいですよね。

せっかくの贈り物ですので、気に入られて長く使い続けてもらえるようなタオルを贈ってみてはいかがでしょうか。

タオルの選び方

意外と知らない?タオル生地の種類と特徴

タオル選びの際、今の時代だと通販を利用する方も多いと思います。直接お店でタオルを選ぶときは触って試してお気に入りを見つけることが出来ますが、通販でタオルを買うときは説明に使われている用語の意味が分かるとイメージがしやすいですよね。

そこで今回は知っておくと便利なタオルについての基本の用語、特に気になる生地の種類と特徴をご紹介します。

【パイル、ガーゼ……いろいろな生地の違い】

ひと口にタオルと言っても使われている生地にはたくさんの種類があります。生地によって得意不得意があるので、大まかにどんなものかを知っておくだけでお気に入りが見つかる可能性はぐっと高まります。

パイル地

タオルで最も多くみられるのがパイル地という織り方です。

繊維を丸く大きくループ状に織ったもので、この輪になっている部分が肌に触れるとふわっとした弾力を生み出し、心地よい肌ざわり感じられます。肌に触れる表面積も大きくなるので、優れた吸水性を持っています。

シャーリング地

さきほどのパイル地の毛先をカットしたのがシャーリング地です。シャーリング地はパイル地と比べると、毛先をカットしている分吸水量は少し落ちてしまいます。しかしループ状の部分がないので引っかかりがなく、肌ざわりがなめらかでツヤがあるのが特徴です。

ガーゼ地

ガーゼ地は、糸を縦横で交互に重ね組みするというとても簡単な織り方で作られています。とても軽く、肌ざわりもよく、吸水性に優れています。タオルだけではなく寝具の素材としても使われています。

マイクロファイバー

ナイロンやポリエステルなど合成繊維で作られています。速乾性に非常に優れたタオルです。比較的安価でそこそこの吸水性もありますが、他の生地と比べると寿命が短い可能性があります。

ワッフル織地

名前の通り、お菓子のワッフルのような凹凸が表面に見られるのがワッフル織地という織り方です。厚みがあり、表面積が大きいので吸水性に優れています。さらに濡れたあと乾きやすいというのも嬉しい特徴のひとつです。

無撚糸(むねんし)地

繊維を1本1本撚り合わせて作られた撚糸ではなく、撚りのない無撚糸という糸で作られた生地です。高い保湿性を持っています。糸は撚糸にすることで強度と硬さを持ちますが、無撚糸にはこれがありません。そのため他の生地よりも柔らかくふんわりとした肌ざわりになります。

【目的に合ったひったりのタオル選びを】

タオルも生地だけでさまざまな種類があり、特徴も違ってきます。

使う場面や目的に合わせて、ぴったりの一枚選びましょう!

タオルの選び方

結婚祝いにプレゼントするタオルの選び方

結婚祝いのプレゼントって何を選ぶか迷いますよね。
プレゼントするからには使ってもらいたいし、相手も喜ぶものを選びたいと考える人も多いかと思います。
そんなときにオススメしたいのがタオルのプレゼントです!
今回は結婚祝いに渡せるタオルギフトの選び方をご紹介します。

結婚祝いにタオルがオススメな理由

そもそも結婚祝いでタオルをプレゼントするのはどうなのか?
という話ですが、結論からいうとOKです。
新生活でもタオルは必要になりますし、それから先も毎日使うものですが、高級タオルなどはプレゼントでなければなかなか手に入れるタイミングはないものです。高級タオルは実用的なのはもちろん、品質がよく長く使えるものが多いです。肌ざわりにこだわったものもたくさんあるので、もらったら嬉しいプレゼントになります。
また、「運命の赤い糸」という言葉があるように日本人は人との結びつきを糸に例えることが多くあります。そのため、糸を使った物は結婚祝いに贈ると縁起が良いとされるのも、タオルをオススメする理由のひとつです。

タオル選びで気をつけること

しかし、タオルならなんでもいいと言うわけではもちろんありません。
結婚祝いに限らず、プレゼント用タオルを選ぶ上で気を付けたいのは「相手のことを考えてのプレセントになっているか」です。タオルは何枚あっても困らないアイテムではありますが、結婚祝いにあからさまに安いタオルセットを渡されたりするとどうしても「おや?」と思ってしまうものです。
相手やシーンにあった予算を設定して選んでいきましょう。
また、タオルに限らず「真っ白な布製品」は亡くなった人の顔に白い布をかけることからお祝いの品としては不向きだという話もあります。こういった説は若い方だと気にしないという人も多いですが、不安な場合は避けておきましょう。

高級な地域ブランドタオルはプレゼントにぴったり

結婚祝いでタオルを選ぶなら、「使った時に驚かれるような品質のタオルがオススメです。
特に泉州タオルや今治タオルなどは誰もが知ってる国産ブランドで、吸水性や持続性などの品質もバッチリです。
普段使いにもぴったりなワンランク上のタオルが揃っていますので、相手の好みにあったものを探してみましょう。

結婚祝いに喜ばれるタオルを!

プレゼントとして定番のタオルですが、ぴったりなものを選ぶとやはり喜ばれるものです。
結婚祝いという特別なシーンではぜひ、ワンランク上の喜ばれるものをプレゼントしてみてください!

タオルの選び方

デリケートなお肌に!赤ちゃん用バスタオルの選び方

とにかくデリケートな赤ちゃんのお肌。
直接触れるタオルはとくに気を遣って、できるだけ優しいものを選んであげたいですよね。
そんなお母さまのために、今回は赤ちゃんにぴったりのタオルの選び方をご紹介していきます。

【赤ちゃん用バスタオルの使い用途は?】

赤ちゃん用バスタオルはお風呂上りにはもちろん、いろいろな場面で大活躍してくれます。

■湯上げのときに

お風呂のあと身体を拭くのに使います。
マットとして敷くには厚手のものを、身体を拭くには薄いものを使い分けるのがおすすめです。

■赤ちゃんを包むおくるみに

バスタオルはおくるみとして使えます。抱っこのときに赤ちゃんを包んであげたり、肌寒いときの体温調節にもぴったりです。

■ベッドの敷き布団カバーに

赤ちゃんはすごく汗っかきで、寝ている間もたくさん汗をかきます。
寝ている背中に汗をかいてもすぐに取り換えられるよう、お布団の上に1枚バスタオルを敷いておくと清潔です。

■外出した際のしきものに

外でのおむつ交換のとき、下に敷けば安心しておむつを取り替えることができます。

【どんなバスタオルが良いの?】

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、刺激の少ないバスタオルを選びたいところ。大人と同じタオルを使ってしまうと肌を傷つけてしまう恐れがあるので、赤ちゃん専用に別でバスタオルを用意してあげましょう。

■早く水分を吸い取ってくれる高い吸水性

オーガニックコットンが良いと言う声もよく聞かれます。
しかしオーガニックコットンだから吸水性に優れていると断定はしにくく、本当に吸水性の高いタオルを見つけるのが一番大切です。
通常の糸に比べ、柔らかさ、吸水力が高い2柔構造の糸を使用し、拭くのではなく、肌に触れただけで吸い取ってしまうタオルがオススメ。
肌に触れただけで吸い取るタオルはこちら→

■おすすめのタオル生地は?

・ガーゼ生地
目が粗いので赤ちゃんの肌を傷つけず、通気性にもとても優れています。空気を含んで温かみを感じられるので、赤ちゃんをふんわりと包んでくれます。

・パイル生地
吸水性に優れているので、お風呂上りの湯冷めを防いだり寝汗から赤ちゃんを守ったりしてくれます。ガーゼ生地と同じくふんわりしていて肌ざわりが良いので、赤ちゃんのお肌を傷つけません。

【ぴったりな大きさや形は?】

赤ちゃんタオルには用途がたくさんあるので、シーンに合わせて使いやすい大きさや形を選ぶと快適です。

■大きさ

赤ちゃんを包み込めるサイズのものを選びましょう。赤ちゃんはすぐに成長するので、大きめのものを選んでおくと困りません。
フェイスタオルぐらいの大きさのものは、お風呂上りや夏場汗をかいたときに細かいところを拭きとるのに向いています。

■形

・正方形
お風呂上りに使いやすく、赤ちゃんを包み込むことができるので持っておくと便利です。

・長方形
正方形のものに比べ、敷きものとして使うのに向いています。赤ちゃんが大きくなってからも対応できるので、汎用性が高い形です。

・フード付き・・・「フード付きタオルくむり」
頭からすっぽり包めるので、お風呂上りの湯冷めを防ぎます。使うと着ぐるみのようになるので、デザインも可愛らしいものが多くあります。

【赤ちゃんもお母さんも安心のバスタオル選びを!】

ぴったりのバスタオルを用意して、赤ちゃんと一緒に快適な毎日を過ごしてください!
敏感な肌の赤ちゃんやお子さんの肌には拭くより、触れて吸っちゃうタオルを!

タオルの選び方

違いは?泉州こだわりタオルと今治タオル

最近は外国産のタオルも増えてきていますが、それでも「やっぱりタオルは国産がいい」とこだわりを持つ方も少なくありません。
そんな国産タオルで有名な産地のタオルと言えば、「今治タオル」と「泉州タオル」です。
一度は名前を聞いた事があるという人もいるかと思いますが、この2つのブランドタオルは具体的にどこが違うのでしょうか?

【泉州こだわりタオルとは】

泉州タオルは今治タオルよりも古く、明治18年から始まりました。約130年の歴史を持ちます。
大阪と和歌山の間にある和泉山脈の軟水を活かし、大阪の泉州地域で作られています。

▼後晒し製法

泉州タオルは後晒し製法と呼ばれる方法で作られています。
後晒し製法ではタオルの生産過程において、糸切れを防ぐための糊付けをタオルを織るより先に、糊を取る「晒し」の工程をタオルを織った後に行います。
これにより最終工程では糊が綺麗に落とされている状態になるため、染色しやすく清潔な状態になるのです。

▼泉州タオルの特徴は「吸水性」と「清潔感」

吸水性「タオルを水につけたとき沈みはじめが3秒以内以内でなくてはならない」という基準があります。
また、後晒し製法により糊が綺麗に洗い流されてるので清潔感があります。肌ざわりも優しいので、敏感肌の方や赤ちゃんでも使いやすいタオルに仕上がっています。初めて使うときから吸水することでも知名度が上がってきている。
またタオルとして織り上がった後に晒しを行っているので、洗濯で縮みにくいという点も特徴です。

【今治タオルとは】

今治タオルは愛媛県の今治で作られているタオルです。
糸の染色に適しているという高縄山系を源流とする蒼者川の軟水を活かして作られています。

▼先晒し先染め製法

今治タオルは一般のタオルと違い、先晒し先染め製法という方法で作られています。
タオルがまだ源糸の段階で晒し染めをし、そこから織って糊を取り、縫製して仕上げます。
糸を先に晒し染めすると、糸が本来持っている柔らかさが引き出されてより肌ざわりの良いタオルに仕上がります。この方法でタオルを作ると約10%余分に手間とコストがかかると言われていますが、それでも今治タオルはこの伝統の製法を守り続けています。

▼今治タオルの特徴は「吸水性」

今治タオルの特徴は高い吸水性です。実は今治で作られたタオルが全て今治タオルを名乗れるわけではなく、「タオルを水につけたとき沈みはじめが5秒以内以内でなくてはならない」という基準があります。これにより保障された吸水性は確かなものです。

【さいごに】

新しいタオルが欲しいときやプレゼント用に考えているときなど、タオルを選ぶタイミングは今後もあるかと思います。今治タオルと泉州タオル、特徴や製法を少しでも知っておくと楽しくなると思いますので、これがきっかけでお気に入りを一枚を見つけてみてください!

最近は特に吸水性の優れたタオルが全国各地で増えてきております。
あなたにぴったりの吸水力抜群のタオル、見つけてください!

さいごのさいごにですが、
私が会社のタオルを実験した時、
「タオルを水につけたとき沈みはじめが0秒でした」

タオルの選び方

基準はあるの?タオルを交換するタイミング

朝起きて顔を洗うとき、料理をしてキッチンを綺麗にするとき、お風呂に入って身体を拭くとき、スポーツの汗をぬぐうとき……。
タオルは生活のさまざまな場面で活躍してくれます。

毎日使うタオルですが、みなさんは「タオルの寿命」を意識したことはありますか?
すべてのものがそうであるように、タオルにもちゃんと寿命があります。使おうと思えばいつまでも使い続けることが出来てしまいますが、肌触りや吸水力がだんたんと落ちていってしまうのはどうしても避けられません。

今回はタオルを気持ちよく使っていくために、いつ交換すればよいかの目安をご紹介します。

【洗濯の回数、期間でタオルを交換する】

■ホテルのタオルは「〇回洗ったら交換」

例えば泊まったホテルのタオルがごわごわしていたら残念な気持ちになってしまいますよね。
そこでホテルによっては、洗濯を30回したら交換という基準が設けられている所もあるようです。もちろん宿泊料金と比例はするでしょうけど、常にふわふわのタオルを用意するのもサービスの一環ということで、寿命を短めに設定されているホテルもあるようです。

■ご家庭のタオルは「半年から1年」が目安

ご家庭で使うタオルであれば何枚かをローテーションすることも加味すると、大体1年から半年ぐらいの使用で寿命になります。もちろんタオルの機能性や毎日の洗濯の仕方によってタオルの寿命は変わってくるので、必ずこれ!と言い切ることは出来ませんが、タオルをどれくらい使って取り替えるかは、マイルールを作ってみると分かりやすいです。

【自分の感覚で判断しタオルを交換する】

とは言っても使っていて、「1年たったけどまだいけそう!」「数カ月だけど変えたほうがいいのかも?」などなど感じる場合もあるかと思います。そんなときは期間にこだわりすぎず、自分の感覚で寿命を見極めましょう。

■ポイントはニオイ、肌ざわり、色!

タオルを毎日使っていく上で、
・なんだか生乾きのニオイがきつい
・肌ざわりがゴワゴワしてきた気がする
・新品のときに比べて色落ちが目立ってきた
などと感じたら、それは交換のサインです!

■まだ使える!と感じたら

逆に、「長く使っているけれどもまだふわふわで気持ちいい!」という場合は現役を続行してみてもいいかもしれません。
大事なのはタオルを使うあなたの感覚です!

【質の良いタオルは寿命も長い!】

お気に入りのタオルであれば、長く気持ちよく使えたら嬉しいですよね。質の良いものをタオルを選べば、その分快適に使える寿命も長くなります!
ふわふわで吸水性に優れて長く使える……次の交換タイミングが来たらそんなワンランク上のタオルを選んでみてはいかがでしょうか。
そんなおすすめのタオルをご紹介します。

▼おぅ!え?やん

使うたび「おう!え~やん」と思わず言ってしまう!
ふかふかの肌ざわりと触れるだけで水を吸う吸水性が自慢のタオルです。

▼アシーラ

織り柄を入れても、吸水性と柔らかさに妥協なし!
より素材感を楽しみたい方におすすめのタオルです。

▼SUTEKI

その名の通り、暮らしをもっと”ステキ”にするラグジュアリーなタオル。
最高級ホテルで通用する贅沢感と耐久性、さらに吸水性も抜群です。

【タオル交換で生活を快適に】

ちょうどよいタイミングでタオルを交換できれば、毎日のタオル使用がもっと気持ちよくなります。
ぜひお家のタオルを見直して、ふわふわのタオルと快適でたのしい生活を送りましょう。

タオルの選び方

コスパの良いタオルって?

毎日使うタオル。
選ぶときは肌ざわりや機能性をこだわってる方も多いかと思います。
プラスして毎日使うものだからこそ、自分のタイミングで買い換えられるコスパの良さがあれば最高ですよね。
本当にコスパの良いタオルとはどんなものでしょう?

コスパの良いタオルの条件は?

まず、皆さんが良いなと感じるタオルはどんなものでしょうか?
肌触りがふわふわ、よく水を吸ってくれる、すぐ乾いてくれる……などなどポイントがあると思います。
これらのポイントに、一般的なコスパの良さを決める基準である”安く買えて長く使える”が当てはまれば、それがコスパの良いタオルの条件と言えるのではないでしょうか。
また、タオルは長く使えるだけではなく、洗濯をしたあとも買ったばかりのときの肌触りが長く続いてくれることも大切になってきます。

大事なのは価格と質のバランス

コスパを考える上でまず気になるのが価格です。タオルの価格は100均で買えるものからホテルに置いてあるような高級品まで大きく幅があります。
安いタオルはコスト面では良いですが、表面が固くなりやすいというデメリットがあります。
少し高くてもその分長く快適に使うことが出来ればコスパは満たされることになりますので、コスパを重視するなら価格と質とのバランスが大切になってきます。

肌触りと機能性はゆずれない!

タオルは肌触りがなめらかでふわふわであれば、それだけなんともいえない満足感がありますよね。
また、タオルを選ぶ上で欠かせないのが吸水性です。特にバスタオルは体を拭いた瞬間すぐに水分を吸い取ってくれたら、毎日の湯上りの気持ちよさが格段に違います!
タオルを使ったときの快適さが毎日続くこともコスパを上げる大きなポイントになります。

コスパを求めるなら、快適に長く使えるタオルを

タオルにコスパを求めるならいつもより少しお金をかけて、質の良いものを使ってみましょう。いいタオルは洗濯をしてもボロボロになりにくく肌触りが保たれ、結果的に長く快適に使うことが出来るのでおすすめです。

タオルの選び方

タオルの選び方ーあなたはどんなタオルの選び方しますか?ー

お風呂上り、スポーツのあと、お手拭き、掃除……生活の様々なシーンで必要になってくるタオル。
毎日使うものなので、用途に合わせて出来るだけ使い心地の良いものを見つけたいですよね。
今回はぴったりの一枚を見つけるためのに選び方のポイントを紹介します。

【厚さから見るタオルのメリットデメリット】

一般的には薄いタオルの方が安く、厚いタオルの方が高いです。
そうなると厚い方が良いタオルと思われがちですが、実はそうでもありません。用途によっては生地の厚いタオルより、薄いタオルのほうが使いやすいことだってあります。

厚みのあるタオル

しっかりとした厚みのあるタオルは肌触りがモコモコしていてとても気持ちが良く、濡れた身体や髪を拭くにはぴったりです。
しかし厚みのある分重く、持ち運ぶには少々かさばってしまいます。
ホテルや旅館で厚手のバスタオルと中手のフェイスタオルがセットになっていることが多いのは、長い距離を持ち運ぶこと目的としていない分、使い心地を重視しているためです。

薄手のタオル

濡れた状態で使うタオルを厚手にしてしまえば、絞りにくい、乾きにくいなどのデメリットがあるので、こちらには薄いタオルが向いています。
たとえばおしぼりタオルは水を含んだ状態で使いやすい仕様とサイズを持ち、絞りやすく、乾きも早く作られていることが多いです。

【種類別のポイント】

日常生活でよく使われていると言えば、バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、スポーツタオルなどでしょう。一般的なタオルだけでこれだけの種類があります。
先ほどの厚さによるメリットデメリットにプラスして、吸水性や持続性などの機能も踏まえて選ぶと、目的にぴったりと合ったタオルを見つけることが出来ます。

バスタオル

生地は厚めで肌触りがよく、吸水性に優れたもの選びましょう。ある程度大きさがあった方が水分をよく吸ってくれるので使いやすいです。洗濯しても肌触りが保たれる持続性があれば長く使いことが出来ます。

フェイスタオル

バスタオルと同じく、肌触りが良く吸水性に優れているものがおすすめです。洗顔用であればあまり大きさにはこだわらなくてもいいですが、短すぎず細すぎないものを選べばタオルハンガーに掛ける手拭きタオルとして使うこともできます。

ハンドタオル

外出先で活躍するハンドタオルは、持ち運びやすい大きさでデザイン面でも気に入ったものを選ぶといいでしょう。

スポーツタオル

フェイスタオルでも汗拭き用として使えますが、首に掛けると少し短めになります。額の汗を拭うのであれば十分な長さがあったほうが使いやすくなります。吸水性があり、邪魔にならないように幅が細いものがおすすめです。

【タオル選びは用途に合わせて】

種類のあるタオルも、特徴が分かれば欲しいものが見つかりやすくなります。
よく選んで自分にぴったりの一枚を見つけましょう。

タオルの選び方

安いタオルと高いタオルの違いって何?

生活のいろいろな場面で活躍してくれるタオル。
誰でも日常的に使うものですが、100均で売られているお手頃なものから、最高級ホテルで使われているようなブランドタオルまでたくさんあります。
そんなタオルの高い安いの値段の違いは、一体どこから来ているのでしょうか?

【いちばんの違いはやっぱり品質】

タオルは綿から作られることがほとんどですが、綿には希少性によってランクがあります。希少性の高い綿を使っていれば、かかるコストも高くなるのです。
高いタオルのほとんどは安価なタオルと比べて品質がよく、吸水性や持続性などの機能にも優れています。タオルを選ぶとなったとき、価格は品質を知る上でひとつの基準にできるのです。
しかし、いちばん高いタオルがいちばん吸水性に優れているかといったらそうではないので、それぞれのタオルの特徴をよく調べることも大切です。

【ブランドやこだわりによる付加価値】

数万円の価格が付いた高級ブランドタオルの場合は、信頼により確立されたブランドという付加価値がついているのでその分高額になってきます。
また企業が熟練の職人さんと協力して生まれたタオルであったり、厳しい審査基準をクリアしたタオルであれば、それだけの付加価値がつきます。こだわって高品質な綿を使ったり、熟年の技術によって織り込まれたタオルは仕上がりも品質も良いものが多いです。
そのこだわりや付加価値の分、お値段も高くなってきます。

【特に差が出るのは洗濯のあと】

高いタオルと安いタオル、数万円の差があるのならともかく、1000円くらいの差であれば見た感じや触っただけではそこまで違いが分からないかもしれません。
しかし、タオルを洗濯してみるとその差は明らかになります。

安いタオルは洗濯のたびに硬く、ごわごわとした質感になるものがほとんどです。
しかし、高いタオルは洗濯しても肌ざわりが変わらず、それどころか肌ざわりが良くなっていくものもあります。
タオルは毎日洗濯する人も多いので、そのたびにこれだけ差が出てくるのであれば、同じタオルを快適に使い続けられる期間もだいぶ変わってきます。

品質にこだわるかこだわらないかでタオルの寿命は大きく変わるのです。

【毎日快適にタオルを使うために】

高いタオルと安いタオル、すこしお金をかけるかかけないかで毎日の気持ち良さは違ってきます。
今まで消耗品だからとこだわりを持っていなかったのであれば、次にタオルを新しくするときは数万円とまではいかなくても、いつもより少しこだわりのあるタオルを選んでみてはいかがでしょうか。
実は、タオル職人は吸水性、肌触り、分厚さなどにこだわり、様々な種類のタオルを製造しています。